ジパング カジノの入金不要ボーナス、入出金方法を徹底解説!

ジパング カジノの入金不要ボーナス、入出金方法を徹底解説!

ジパングカジノの新規会員登録方法や手順を図解付きで徹底解説

ジパングカジノではアカウントを作成してから初めて入金をした際に、初回入金ボーナスを提供しています。 エコペイズの最低引き出し金額は20ドル、ペイトラの最低引き出し金額は31ドルとなっています。 また、引き出しが可能な最高金額は、毎月 「 10,000ドル+その月の入金額」 となります。 ジパングカジノはフィリピンに拠点を多くBayview Technologies, Limited. Bayview Technologies, Limited.はオンラインカジノだけではなく、店舗型リゾートカジノも展開しているため、信頼できる企業としてユーザーからも高く評価されています。 ジパングカジノ(Zipang Casino)では、毎月の出金上限額は、10,000ドル+その月の入金額となっています。

  • EcoPayzにご登録の「ユーザー名」と「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリックしてください。
  • なお、コンプポイントには対象外のゲームがあり、下記のゲームはコンプポイントが付かないので気をつけましょう。
  • ジパングカジノの出金に関して紹介している他サイトを見ると「ヴィーナスポイントやアイウォレットも使える」と記載されていることもありますが、古い情報ですので注意してください。
  • オンラインカジノで使える入出金方法比較 オンラインカジノで使える決済サービス紹介しています。
  • ほとんどのオンラインカジノでは初回入金ボーナスというのは、内容が決められているのですが、自分で決めることができるのはまた違った楽しさがありますね。

コンプポイントは10ドルのベットにつき1ポイント貯まっていき、95ポイントで1ドルの現金に交換可能です。 他にもおもしろいプロモーションが次々と開催されているので、気になった方はぜひ1度ジパングカジノで遊んでみることをおすすめします。 2020年には大幅リニューアルを行い、サイトの見やすさやゲームプロバイダと複数契約を行うなど今も成長を続けており、今後が楽しみなオンラインカジノです。

その詳細を知るためには、寄付金を受け取れる対象者などを把握しておくことが大切です。 今回はジパングカジノの「総額3万ドル 寄付プロジェクト」について紹介します。 ジパングカジノは常時多数のお得なプロモーションを開催しています。

ペイトラで入金した実績しかないけど、エコペイズに登録したから出金しようとしてもできません。 信頼性と知名度も国内で高く、日本語サポートの発信者とも言われています。 ジパングカジノの公式YouTubeチャンネル「Zipang TV」では、オンラインカジノの魅力をプレイ動画や検証動画で分かりやすく紹介しています。 キャッシャーの「お引き出し」のページで、利用するオンライン決済サービスを選択して出金額を入力します。 カジノロビー画面の上部にある【キャッシャー】をクリックすると、入出金手続き用のキャッシャー画面が開きます。 こちらのキャッシャーからお好みの入出金方法をお選びください。

ジパングカジノのカジノゲーム(ダブルアップなど一部除く)で10ドル賭けるごとに、1ポイント溜まっていき、95ポイント貯まることで1ドルの現金と交換できます。 もし受け取ったが利用をやめたい場合は、ボーナス受け取り後に遊んでいない場合のみ、サポートにボーナス不要の旨を伝えることでボーナスが削除されます。 ジパングカジノの出金条件は現金とボーナスが一体型となっており、高額なボーナスを選択するほど出金条件の達成額も厳しくなっていくので注意が必要です。 実際多くのユーザーは銀行やクレジットカードを利用する場合が多いと思いますので、それらが一切利用できないのは、ジパングカジノの大きなデメリットといえますね。 多くの日本語に対応しているカジノでも24時間対応なのはEメールがほとんどで、チャットに電話まで対応しているのはジパングカジノの圧倒的な強みです。 ボーナスを受け取らなかった方限定で初回入金額分を負けてしまった場合、20%をキャッシュバックしてもらえます。

ジパングカジノでは、初めてジパングカジノのアカウントを作成し、入金したユーザーに対して、初回入金ボーナスを提供しています。 ジパングカジノではたくさんのボーナス、キャンペーンを提供しているので、頻繁にプロモーションページを確認しましょう。 さらにジパングカジノはEメールにチャット、電話対応まですべてが24時間年中無休で日本語対応でサポートしてくれます。 *ジパングカジノでは入金した方の口座でしか出金できず、エコペイズで入金した場合はエコペイズで出金することになります。 *エコペイズの場合「7」の操作以降、画面が移行し登録したユーザー名とパスワードを入力してログインし、送金情報が問題なければ「送信」ボタンをクリックします。 特徴として非常にボラティリティが高く、最高33回のフリースピンに最大15倍のマルチプライヤーが獲得可能なボーナスがあり、一攫千金を狙うプレイヤーから人気です。

そしてカジノゲームはプロバイダーが管理しており、全てのスロットに乱数機の使用されジパングカジノ自体が不正をすることができません。 オンラインカジノで出金ができなかったという声がたまにありますが、ジパングカジノは10数年の運営をしているにも関わらず出金できないという声はありません。 ルールが難しいと思って敬遠する人も多いですが、意外と単純でそこまで難しいゲームでもありません。 ペイアウト率も攻略法次第では98%以上になるので、オンラインカジノで稼ぐ人の中でも人気の1つになっています。

クイーンカジノでプレイ実績を積むと、アジア最大級のクルージングパーティー「IT’S THE SHIP」にも招待されることがあります。 また、VIPマネジャーやVIP旅行・VIPイベント、VIP限定のリーダーボード・フリースピンなど、ビットカジノはVIP対応にとても力を入れています。 モバイル決済サービス業界での賞をいくつも受賞、信頼性も抜群のサービスです。 新規登録料や口座管理に関する手数料など振込手数料がほとんどかからないので、手数料を節約することができます。 登録の時に免許証やパスポートなど、本人確認および住所が確認できる証明書をスマホで写して提出します。

最新の暗号化技術を用いたコンピュータによる最高水準の情報管理を行っており、データのセキュリティも鉄壁。 ユーザーのプライバシーを保護するためにどのような公的当局にもデータバンクへのアクセスを与えておらず、英国ヴァージン諸島の管轄裁判所からの裁判所命令にのみ従属しています。 手続きもオンラインで簡単にでき、使い方もシンプルでわかりやすく手数料がかからないのがメリット。 セキュリティもしっかりしているので安心して利用することができます。

初回入金ボーナス

という方はジパングカジノに登録することを検討されてみてはいかがでしょうか。 ジパングカジノは入金不要ボーナスや入金ボーナスをはじめとするプロモーションを思う存分活用できるお得なオンラインカジノでです。 今では日本語サポートを提供しているカジノは増えましたが、ジパングカジノが最初に初めて日本語サポートを開始したいわばパイオニアです。 ゲーミングライセンスの取得には、カジノの運営状況、ペイアウト率、プレイヤーへの入出金実績など様々な観点の厳しい審査を突破する必要がありますので、安全面でも問題なしの優良カジノだと言えます。 ジパングカジノでは、お金の使い過ぎや、長時間プレイし過ぎるなどの問題を抱えるユーザーの為に、自己規制プログラムを提供しています。

ジパングカジノには魅力的なポイントが複数ありますが、その中でもおすすめのポイントを3つ紹介していきます。 最近ではオンラインカジノもメジャーなサービスになりつつありますが、2000年代の日本ではあまり存在が知られていませんでした。 実は以前はヴィーナスポイントも利用可能だったのですが、2020年は利用できなくなってしまいました。 これはヴィーナスポイントユーザーにとっては残念なお知らせですね。 確かに日曜日は休みの人が多くプレイ時間は長く確保できるものの、やはり数千ドル、数万ドルというベットはなかなか簡単にできるものではありません。 ジパングカジノには「生ものボーナス」という特殊なリロードボーナスがあります。

オンラインカジノを始めたばかりで慣れていない人は、ボーナスをもらわずに負けたときにもらえるキャッシュバックを選択してもいいでしょう。 ジパングカジノの公式サイト上には入金不要ボーナスは現在ありません。 初回入金ボーナスやその他のプロモーション、キャンペーンの種類がとても充実しているので、それだけで十分満足できる内容となっています。 私たちはオンラインカジノへの情熱を持って、プレイヤーにとってより安全で快適にカジノを楽しめる環境づくりに努めています。 またカジノのプロモーション、入金不要ボーナスなどのお得な最新情報をお届けしています。 対象のカジノゲームで$10賭けて遊ぶと1ポイント貯まり、95ポイント貯まると$1のリアルマネーに交換できます。

通用の入金ボーナスの場合は、入金額+ボーナス額の15倍の出金条件が適用されます。 ジパングカジノでは頻繁にプロモーション、キャンペーンを開催しています。 そのため、公式サイトを定期的にチェックして、お得な情報を見逃さないようにしましょう。

仮にペイアウト率が50%を下回るスロットがあったとすると、100ドルベットしたのに50ドルしか返ってこないことを意味しています。 しかし、ほかのサービスは日本以外の市場にも展開していて、特別日本にターゲットを絞っているわけではありません。 しかし「上限を破ってしまったけど、自己申告したら許してもらえた」ということ口コミも見られました。

リアルタイムで進行されるゲームはまるで本場のカジノにいるようです。 大げさに国内のスロットで例えるとボラティリティ低がマド4、ボラティリティ高が鉄拳デビルと言ったところでしょうか。 ボラティリティとは波の荒さを表しておりボラティリティが高い程ボーナスが当たりにくく、当たった時のリターンが大きくなります。 利用規約を読み、「私は上記の契約約款に同意します」にチェック後、『次』をクリックすると任意のディレクトリへのインストールを開始できます。 正直、リベート率は良い方とはいえませんがウェルカムオファーやその他のボーナスが強い上にリベートボーナスももらえるというのは大きな魅力のひとつです。

アイウォレットを選択したら、すでにアイウォレットのアカウント登録をお済の方は「iWalletからカジノへご入金」を選択します。 エコペイズのアカウント登録には確認画面がないので、「CREATE ACCOUNT」ボタンを押す前に間違いがないか確認しましょう。 無事ログインが完了したら、ジパングカジノへの入金内容画面が表示されるので問題がなければ「送信」ボタンをクリックして、入金の受理が問題なければ手続きは完了となります。 エコペイズのログイン画面に移動するので、アカウント登録してあるユーザー名とパスワードを入力し、ログインをします。 アカウント登録とアプリのインストールの順番はどちらからでもかまいません。 今回は、先にアプリをインストールする方法から紹介していきます。

他にはないユニークなプロモーションがあることが特徴で毎回楽しく、飽きる事なくプレイする事が可能です。 また公式サイトからサポートまで日本語対応していますので、英語が不安な方も安心して楽しむことができます。 土曜・日曜でも銀行口座へ出金することができるので非常に便利ですし、日本語でのサポートがとにかく手厚いのはメリットだと思います。

しかし現在は上述した通り、ペイトラとエコペイズのみの対応となります。 オンラインカジノは色々な入金方法に対応していますが、すぐにゲームをプレイしたい人はどの入金方法を選べば良いのか気になるはずです。 どのような入金方法が安全なのか、安全性のポイントなどを解説しつつ、その入金方法に対応しているオススメのオンラインカジノも紹介しています。 また、クレジットカードで入金してヴィーナスポイントの利用履歴がない場合でも、ベラジョンカジノやジパングカジノではヴィーナスポイントへの出金が可能です。 https://zpng-online-casino.com/withdrawal/ 入金に使う場合は、月間入金ポイント数に応じたキャッシュバックがあるので、対応オンラインカジノでは積極的に利用することをおすすめします。 EcoPayz(エコペイズ)はオンラインカジノの入出金で利用できるeウォレット(海外電子決済サービス)です。

ジパングカジノは電子決済サービスを使用しているため、出金にはそれほど時間はかかりません。 それぞれ、ボーナスの受取額と賭け条件が異なるので見ていきましょう。 今回はジパングカジノの特徴や貰えるボーナス、入出金方法を中心に解説していきますので、ぜひご参考下さい。

負けてしまった後にサポートに連絡をすることで受け取ることができます。 ちなみに、「ラッキーベイビーカジノ」はジパングカジノと同じくキャンペーンが非常に豊富、「カジノジャンボリー」は最短数分で完了する出金で人気となっています。 出金申請をしていても、我慢できずにキャンセルし、そこから大損をするなんて話はよくあります。 そんなネガティブなイメージを払拭すべく、ジパングカジノでは申請の翌営業日の支払いに対応しています! 引き出し先も豊富に用意されていますので、出金のことでストレスを抱えることは少なくなるでしょう。

ジパングカジノ では、毎月前半と後半にいくつものイベントが開催されおり、入金のたびにもらえるボーナスもあります。 また、プロモーションにも力をいれていて、楽しいオンラインカジノ体験動画を高頻度で配信しています。 プレイテック社 は、オンラインカジノのスロットからテーブルカジノ、ライブカジノまで提供している最大手カジノゲームメーカーの1社で、ロンドン証券取引所に上場しています。 ジパングカジノでは、2019年にPaytra (ペイトラ) という決済サービスが導入され、オンラインカジノで今もっとも熱い決済サービスです。 ジパングカジノでは、youtube公式チャンネル「zipang TV」を設置しています。

ジパングカジノのサポート情報

せっかくプラスになっているのに、賭け条件をクリアするために続行していたら、プラス分がどんどん減ってきてしまった、などということもあると思います。 さらに、賭け条件をクリアした時点で大きなプラスになっていたが、出金上限があり、すべての賞金を出金できなかった、というようなこともあるでしょう。 そうなると最初から入金して自分のリアルマネーでプレイしていれば良かった、思うことでしょう。 ジパングカジノでの登録手順やもらえるボーナスについて説明していきましたが、軍資金の入れ方(入金方法)や実際にカジノゲームで勝った場合の引き出し方(出金方法)についても知っておくべきでしょう。 大勝ちしたプレイヤーの情報や、日別の好調スロットについて掲載しています。 ここまでジパングカジノがどのようなボーナスを用意しているかについて解説しました。

しかし一部のハイローラーにとっては大きな足かせになってしまう可能性もあります。 具体的には月間1万ドルまでの利益分しか出金できないという内容です。 例えば当月の入金額が5000ドルだった場合には、最大で1万5000ドルまで資金を出金することができます。 ジパングカジノでプレイすればするほど自動的に増えていくボーナスなので、かなりお得度が高いという印象を受ける方も多いでしょう。

日本語サポートが万全で、完全日本語対応サイトなので日本人が非常に遊びやすい作りとなっています。 せっかくの勝利金が出金できないという事態に陥らないよう、ジパングカジノに登録する際に、出金条件やボーナス、そして決済サービスの規約についてしっかり調べておきましょう。 また最低出金額や出金上限が設定されているほか、ボーナスを受け取ってカジノゲームをプレーした場合は、最低賭け金総額の条件を満たさないと勝利金を出金できません。 どちらの決済サービスを利用する場合でも、出金手続きの際に口座IDを入力する必要がありますが、口座IDを誤って入力して第三者に送金されてしまった場合の補償や返金などはありません。

複雑な手続きなしで、簡単に海外送金や資金のやり取りを行うことができます。 この記事ではペイトラの安全性や登録方法、使い方、手数料など、利用する上で知っておきたい情報をわかりやすくまとめています。 しかし1つのオンラインカジノに短時間で繰り返し入出金するのは危険があります。 そのため、いくつかのオンラインカジノに登録して、それぞれのサイトで1日1回から2回程度に制限して、入出金を行うという手法がおすすめです。

ジパングカジノでは下記の通りクレジットカードや電子決済サービス、仮想通貨など豊富な決済方法から選べます。 メインプロバイダーのPlaytech社は、世界19カ国にオフィスがあり、従業員数も6000名を超える業界最大手のオンラインゲームソフトウェアプロバイダーの一つです。 オンラインカジノによって使用するソフトウェアがPlaytech系かMicrogaming系に分かれるほど主流のプロバイダーなので信頼性が高いです。

今回は、日本人初心者に一押しのジパングカジノについてまとめてみました。 気になる入出金方法や評判、違法にならないかなどについて解説します。 サイトは完全日本語対応であり、日本人プレイヤー限定のボーナスなども豊富にあることから、多くの日本人ユーザーから支持を受けることに成功しています。 このゲームで儲けたお金を出金するには、300ドルをベットする必要があります。 ジパングカジノから出金するには出金条件というものがあります。 ジパングカジノの出金条件を知らないと、大損をする可能性がありますので必ず出金条件を理解してからプレイしましょう。

まずウェルカムボーナスには、選べる4つの初回入金ボーナスというものがあり、かなり高額で豪華な内容となっています。 ジパングカジノはフィリピン共和国政府が発行するカガヤンゲーミングのライセンスを取得しているため、安全にプレイすることができます。 ジパングカジノは「Bayview Technologies Limited」という会社が運営しており、フィリピン共和国政府が発行するカガヤンゲーミングライセンスを取得しています。

第三者から返金してもらうのもむずかしいので、口座IDの入力ミスがないようにしっかり確認することが大切です。 なお、ジパングカジノでは住基カード(住民基本台帳カード)は身分証明書や補助書類として取り扱っていないので、住基カード以外の書類を用意しましょう。 基準が分からない以上はVIPを目指しても取り越し苦労になりかねないので、やはりハイローラーが利用するにはあまりおすすめできないというのが正直なところです。 もちろんないよりはあった方がメリットがあるものの、同じような制度で他のオンラインカジノと比較した場合には、内容的には劣ってしまうというのが現実です。 しかし950ドル賭けてようやく1ドル分が貯まるということで、レート的には業界でも随一の低さと言っても過言ではありません。 サイト管理者は「これは面白い!記事にすればバズるぞ」とでも思ったんだろうか?

Start typing and press Enter to search